このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

略歴

昭和20年9月 岐阜県白川村生まれ

1964年(昭和39年)3月 福島県立福島高校卒業
1968年(昭和43年) 東京大学法学部卒業後、警察庁入庁。
1971年(昭和46年) 米国デューク大学大学院留学(修士課程修了)
1980年(昭和55年) 在イギリス日本国大使館一等書記官
1985年(昭和60年) 後藤田正晴内閣官房長官秘書官
1991年(平成3年) 警視庁防犯部長
1992年(平成4年) 岡山県警本部長
1994年(平成6年) 警察庁長官官房審議官
1994年(平成6年) 防衛庁長官官房審議官
1996年(平成8年) 衆議院議員初当選(現在、当選8回)
2001年(平成13年) 防衛庁長官政務官
2003年(平成15年) 総務大臣政務官
2005年(平成17年) 衆議院拉致問題特別委員長
2006年(平成18年) 内閣府副大臣
2007年(平成19年) 衆議院外務委員長
2008年(平成20年) 自民党国会対策副委員長
2008年(平成20年) 衆議院議院運営委員会理事
2010年(平成22年) 自民党法務部会長
2010年(平成22年) 衆議院法務委員会筆頭理事
2011年(平成23年) 自民党副幹事長
2012年(平成24年) 政務調査会副会長
2013年(平成25年) 政務調査会会長代理
2014年(平成26年) 衆議院拉致問題特別委員長
2014年(平成26年) 自民党中央政治大学院学院長
2015年(平成27年) 自民党政治制度改革実行本部長
2015年(平成27年) 衆議院予算委員会理事
2016年(平成28年) 自由民主党 広報本部長

(現在)

政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員長

予算委員会委員

憲法審査会委員

SPECIAL ALBUM

年(和暦併記) 事柄 時事
1945年〜
(昭和20年〜)
昭和20年、岐阜県白川村にて誕生
岐阜県白川村生まれ。その後、父の仕事の都合により福島県に転居。
・太平洋戦争終結
1964年
(昭和39年)
東大生の時、小学生だった安倍晋三氏(現自民党総裁)の家庭教師を務めた。
中央が安倍晋三氏(現・自由民主党総裁)
・東海道新幹線開業
・東京オリンピック開催
1968年
(昭和43年)
東京大学法学部卒業
・川端康成 ノーベル文学賞受賞
・3億円事件発生
警察庁に入庁
大学卒業後、警察庁へ入庁。写真は派出所時代。
1971年
(昭和46年)
米国デューク大学大学院留学
警察庁入庁後、米国デューク大学大学院に留学し修士課程修了。
・沖縄返還協定調印
・ニクソンショック(米が金とドル交換停止)
1991年
(平成3年)
警視庁防犯部長
・湾岸戦争勃発
・雲仙普賢岳で火砕流
・若貴ブーム・千代の富士引退
1994年
(平成6年)
警察庁長官官房審議官/防衛庁長官官房審議官
天皇陛下ご訪米の随員としてクリントン大統領と面会。
・中華航空機 名古屋で着陸失敗
(264人死亡)
・松本サリン事件
1996年
(平成8年)
衆議院議員初当選(以降7期連続当選)
1996年、初当選。2014年12月の衆議院議員選挙において7期連続当選を果たしている。
・O-157による集団食中毒
・豊浜トンネルで岩盤が崩落
2001年
(平成13年)
防衛庁長官政務官
防衛庁長官政務官に就任し、儀仗隊の栄誉礼を受ける。
・米国9・11同時多発テロ
・池田小殺傷事件
2006年
(平成18年)
内閣府副大臣
・第1次安倍内閣発足
・マンション耐震偽装事件発覚
2007年
(平成19年)
衆議院外務委員長
クウェート ・日本友好議連会長ご一行が訪日。
・「消えた年金」大問題に
・能登中越沖地震発生